木の飾り

未だ見ぬお父さんに降りかかる運命

「ミネラルウォーター」に関して論文や本を書くなら、どういったことを調べる?「サイダー」の由来や歴史なんかかな。もしくは、個人的な観点からの見解だろうか。

木の飾り

ひんやりした大安の晩にゆっくりと

江國香織の小説に出てくるヒロインは、陰と陽を持っていると思う。
不倫を肯定化する。
恋の一種ではあるが、運命的に大切に思っているのは旦那様だけのただ一人。
という主人公が多く見られるような気がします。
不貞行為を陰だと考えれば、結婚生活は陽。
突然スイッチが入ったように陰が出てくる。
不倫に対する良い悪いはシカトして、登場するヒロインを凝視する。
自分の中に新たな恋愛観や見解が登場することもある。

風の無い火曜の明け方は昔を思い出す
有名司会者がびっくりするほど突然引退することで、ネットやニュースでうんざりするほど報道しているが、大変すごいですね。
今度の日本の首相がどういった人に決まるかという話よりニュースでは順序が前だったし。
どういった政治家が首相になろうが変わらないって考える方も大変存在するし、それより、有名芸能人が芸能界を辞めてというのが何かしら影響がでるということですかね。

悲しそうに走る母さんと壊れた自動販売機

新入社員の時、株に興味をもっていて、買いたいと考えてたことがあったけども、たいしたお金ももっていないので、購入できる銘柄は限られていたから、ほとんど魅力的ではなかった。
デイトレードに興味があったのだけれど、汗水たらして得たお金があっさりと消えるのが怖くて、買えなかった。
楽天証券に口座は開設して、資金も入れて、パソコンのボタン一つ押すだけで買えるように準備したけれど、恐怖で購入できなかった。
頑張って、働いてためた貯蓄だから、いくら人たちから見たら少ないお金でも無くなるのは怖い。
けれども一回くらいは買ってみたい。

湿気の多い月曜の早朝に歩いてみる
暑い季節はビールがすごくうまいけれど、近頃あまり飲まなくなった。
昔は、どれだけでも飲めたのに、年をとって翌朝にお酒が残るようになってあまり飲まなくなった。
ビアガーデンにも社会人になった頃はとってもあこがれ、行くことがすごく楽しみだったけれど、会社のつきあいで嫌になるほど行って、俺の中では、現在、いいイメージがない。
けれど、取引先との付き合いの関わりで非常に久々にビアガーデンに行った。
大変久しぶりにうまかったけれど、テンションが上がってものすごくお酒を飲みすぎて、やっぱり、次の日に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

一生懸命ダンスする兄弟とファミレス

だいたい、業務やするべきことに追われていて、なかなか空き時間が持てない。
少しの空き時間が手に入っても、自然と次やるべき仕事のスケジュールなど、何かしらの締切が心にある。
そんな状況で、一日時間ができると、非常に喜んでしまう。
では、この少しだけ空き時間を何に費やそうかと。
最終的にはほとんどが、あれしたい、これしたい、といった願いのみが重なり、全部は上手くいかない。
その上、私はゆっくりペースなので、あっと言う間に時間は経過。
時は金なり、なんてまさに明確だと思う。

目を閉じてお喋りする友人とオレ
旅に行きたくて仕方がなかった所、それは真鶴半島だ。
この場所を知ったのは「真鶴」という川上弘美さんの文庫本。
今でも、私の未熟な感覚では、いまだに理解はしていない。
でも、登場する真鶴岬の様子が好きで、行ったことのない真鶴に行きたいと思っていた。
静岡県の、神奈川県との真ん中に位置する所が真鶴。
先が真鶴岬。
真鶴岬の先、海上に見えているのは三ツ石という石が3つ。
真ん中の石の上には鳥居としめ縄があって海水が引くと歩いてたどり着ける。
縁があって、実際のこの風景を観光することができた。
私の一眼レフの中身は真鶴がいっぱい。
旅館のおじさんにまた来たいと話すと喜んでくれた。

汗をたらして跳ねる兄さんと履きつぶした靴

いつも、自宅で個人的に出来るような働き方をして、稀に声があると派遣先に仕事に出る。
たった、たまにが、最高に怠く感じて仕方ない。
ここまで嫌なら辞めてしまおうとか。
一日が始まれば張り切るけど、多くのメンバーに囲まれて、プロジェクトで仕事をするのは大変だ。
本気で母に相談すると、気持ちは分からなくない、と言って、クスクス笑っていた。

息絶え絶えで叫ぶ友達と冷めた夕飯
夏で呼び物が大変たくさんで、ここ最近、晩にも人の通行、車の行き来がたいそう増えた。
田舎の奥まった場所なので、ふだんは、夜更け、人の通行も車の通行もそんなにないが、打ち上げ花火や灯ろう流しなどが行われており、人の往来や車の通りがすごく多い。
通常の静かな夜半が邪魔されて少々耳障りなことがうざいが、日ごろ、元気がわずかなへんぴな所が元気があるように見えるのもまあいいのではないか。
近くは、街灯も無く、暗夜なのだが、人の通行、車の通行があって、元気があると陽気に思える。

笑顔で口笛を吹く弟と月夜

出身地が異なると食生活が異なることを妻と暮らしだしてからとても気づくことになった。
ミックスジュース飲む?と嫁から急に聞かれ、スーパーででも買っていたのかなと思ったら、地元では作ることが一般的らしい。
バナナやモモやらと氷をミキサーに入れて、ミルクを入れて家庭用のミキサーでシェイクして出来上がり。
自宅でごくごくと飲んだのは初体験だけれど、しかし、大変よかった。
おいしかったし、今でははまって、俺も作り飲んでいる。

気どりながら跳ねるあの子と公園の噴水
暑い時期にあったことを特にやっていないが、仲間と今度、コテージをレンタルしてBBQをやる。
例年の流れだが、まれに、息抜きになる。
男のメンバーが少人数なので、とってもいっぱい準備をしないとな。
特に、バーベキューの準備が、女の人は苦手な人が多いので、してあげないと。
ただし必ず皆で焼酎を飲むからその時は、お酒を飲みすぎない様に気をつけよう。

木の飾り

サイトカテゴリ

木の飾り
Copyright (c) 2015 未だ見ぬお父さんに降りかかる運命 All rights reserved.
木の飾り